善玉菌と悪玉菌のバランスが悪いと、腸内環境が悪くなって体に悪影響を及ぼします。人間の腸には、腸内細菌が数多く存在しています。
善玉菌は、乳酸や酢酸を増やして、栄養の吸収も促します。一方、悪玉菌は、腸内の腐敗を進めるなど、健康を害する様々な働きをします。
腸内環境を整えて健康的な生活を送るには、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減少させる必要があるのです。
腸内環境のバランスが悪くなって引き起こされる症状のひとつが、便秘です。
日本は、便秘に苦しむ人が少なくありません。特に女性は、便秘になると肌のトラブルも増えます。
肌が有害物質の処理に手間取っていると、新陳代謝が停滞して、肌トラブルの原因にもなります。
善玉菌は、腸の環境を良くする働き以外に、11種類のビタミンを作る役割も担っています。
そのため、腸の環境が悪化して善玉菌が減ってしまうと、ビタミン不足になる危険もあるのです。
ビオチンは、美しい肌を保つために必要とされていますが、腸内のバランスが崩れて悪玉菌が増えると、ビオチンの供給量も減少します。
ビオチンの供給量が減ると、肌の新陳代謝も滞ってしまうのです。
日本人は、ストレスに弱いと言われていますが、ストレスによって心身に問題が出ている人は少なくありません。

0a

善玉菌を腸内で増やすにはどうしたらいい?

善玉菌を腸内で増やすには、食事が大切です。善玉菌は、腸内環境を整えて、健康に良い影響を及ぼします。
しかし、現代人は食生活が乱れている人が多く、悪玉菌が多くなっている人も少なくありません。
善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内環境が悪化します。腸内環境が悪くなると腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。
便秘になると、悪玉菌が有害な物質を生み出し、その結果、新陳代謝が低下したり、肌荒れが起こったりします。
腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが大切です。そのためには、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含む食品を摂取することも有効です。
ビフィズス菌が含まれているヨーグルトや乳酸菌は、日本でも数多く販売されています。
ビフィズス菌が含まれている乳製品を毎日摂取することで、腸の状態を良好に保つことが可能なのです。
乳製品以外では、味噌や納豆などの発酵食品に乳酸菌が多く含まれています。
納豆には、悪玉菌を殺す働きがあり、整腸作用もあります。また、肌にも良いので、毎日納豆を食べるという女性も少なくありません。
納豆菌は、善玉菌を増やす働きもあるので、積極的に摂取することで健康をサポートします。
腸の状態は、便を観察することでチェックすることができます。

0b

善玉菌の働きとは?

善玉菌という名前はよく耳にしますが、その働きは実に様々です。
乳酸菌やビフィズス菌といった、人にとって有益な働きをもつ菌がこれにあたります。
誰もが知っている作用としては、腸内環境を整え便秘や下痢を改善し、便通を良くするという作用が挙げられます。
しかし、善玉菌はそれだけでなく、たくさんの働きをもっているのです。
まず、善玉菌は腸内でビタミン類を作り出します。作り出すものはビタミンB群や葉酸など様々ですが、どれも健康には欠かせないものです。
食事だけでは補いきれない栄養を作り出してくれます。
次に、過剰なコレステロールを抑えてくれる働きがあります。
コレステロールには善玉コレステロールという体にとって良いコレステロールと、悪玉コレステロールという体にとって悪いコレステロールがあります。
悪玉コレステロールは、過剰になりすぎると動脈硬化を進行させるなど、命にかかわる病気を引き起こすこともあります。
善玉菌はコレステロールに結合しやすく、便となって体外に排出する手助けをしてくれます。
また、免疫力を高めてくれる作用もあるため、風邪をひきにくくなったり、感染に対して防御力の高い体作りをサポートしてくれます。
このように、善玉菌には様々な働きがあるのです。

0c

善玉菌を増やすにはどうしたらいいのか?

善玉菌を増やすには、毎日の食事から簡単にすることができます。
野菜をあまり食べない人や、脂分が多い食事などをしていると、大腸の善玉菌は減少している可能性がでてきます。
お腹の健康を守る大切な善玉菌を増やすには、まずはビフィズス菌や乳酸菌を含む食品を直接食べることです。
手軽なものでは、ヨーグルトや乳酸菌飲料などを食事のときに1品プラスすると効果的です。
他にも、ぬか漬けやキムチなどの発酵食品には、乳酸菌が豊富にあります。
お漬物なら、ごはんのお伴にできるので毎日の食事に取り入れやすくなります。
朝は、ヨーグルトや乳酸飲料などを取るようにして、それ以外はお漬物を食べると毎日効率的に食べることができます。
そして、さらに増やすには善玉菌に、栄養を与えていくことも重要です。栄養源となるのが、オリゴ糖や食物繊維などになります。
オリゴ糖は、バナナや大豆、アスパラ、タマネギ、ゴボウなどに含まれています。
また、意外なことですが納豆にもオリゴ糖は含まれています。それだけでなく、納豆には腸内の悪玉菌を殺す働きがあり、腐敗菌の増加を抑制してます。
また、納豆菌が腸内で善玉菌に変化をするので、増やすには最適な食品となっています。

0d

増やす食べ物には何がある?

善玉菌は腸内の環境を整えて健康をサポートしてくれる重要な存在であり、これは食べ物に気を付けると増やすことが出来ます。
では、その数を増やすことが出来る食べ物としてはどういったものがあるのかというと、まず挙げられるのはヨーグルトや乳酸菌飲料です。
ヨーグルトは昔からお腹に良いと言われていますが、これらの食品にはビフィズス菌が含まれており、このビフィズス菌が善玉菌を増やすのに非常に効果的です。
また、あまり知られていないことですが、味噌や納豆、チーズといった発酵食品も善玉菌を増やす食べ物となっていますから、こうした食品を毎日の食生活に取り入れていくと、自然と良い身体を作ることが出来るようになります。
加えてもう一つチェックしたいのが、善玉菌の栄養となるオリゴ糖の存在です。
オリゴ糖は腸内に住む善玉菌にとって非常に良い栄養素となりますから、間接的にその数を増やして腸内環境を整えてくれる役割があるのです。
プレーンのヨーグルトに砂糖や蜂蜜を入れる人は少なくありませんが、この砂糖や蜂蜜をオリゴ糖に変えると、かなり大きな効果を期待することが出来るようになるでしょう。
毎日の食べ物に気をつければ自然と数を増やすことが出来ますから、いきなり増やそうとするのではなく、こつこつ増やしていくのが大切です。

0e

関連ウェブサイトを見ていきますか?

善玉菌と悪玉菌について色々と情報収集をしているということは、もしかすると排便に関する悩みを抱えているでしょうか?
もしそうなら、便秘についてのウェブサイトを見てみることをオススメします。
ここで紹介するのは便秘情報のウェブサイトです。興味があれば見てみてくださいね。
関連ウェブサイト
便秘はダイエットや食べ物と関係がある